靴が原因の場合もある外反母趾の対策

靴が原因の場合もある外反母趾の対策

外反母趾は女性に多いのですが、男性もなる場合があります。外反母趾はハイヒールが原因と言われることが多いのですが、ハイヒールをはかない男性も外反母趾になることがあります。

外反母趾とは

外反母趾は足の親指が靴などで起こされて靴の内側に向いてしまい、そのため親指の付け根の骨が靴にぶつかるようになり痛みを感じます。
これは本来正面を向いているはずの足の親指や人差し指、中指までもが靴の内側に向いてしまい、長い間その状態を続けたために足の指の関節が変形しているからです。
外反母趾は足の親指が強く押されるような形の靴を履くことが主な原因ですが、足の指の形にもよります。
外国の方は足の指の長さが同じ程度であったり、足の中指がいちばん長いことが多いのですが、日本人は足の指の中で親指が1番長い方が多いのです。
ところが、靴は外国から入ってきたせいもあり、日本で作られている靴もデザインは真ん中が尖っていたり全体が均等に丸くなっていたりするものが多く、足の親指側がいちばん長い靴はほとんどありません。
このため、長さを合わせて靴を購入しても、親指の長さと靴の親指面の長さが合っていない場合は、足の親指が靴の内側に押されながら歩くことになるのです。

外反母趾の方の靴選び

外反母趾の方が靴を選ぶときの相談相手は靴屋さんでなく、お医者さんです。 現在どういう状態なのか、これからの治療でどういう風になるのかを知っているのはお医者さんです。 今、履いてみて痛くないというような基準で間違った靴選びをすると、より悪化させてしまう事もあるので、靴屋さんに行って靴を選ぶ前に、先ずはお医者さんに相談して、靴選びにつてもアドバイスしてもらいましょう。

外反母趾は不便

外反母趾になると足が痛いだけではありません。
足の指が曲がった状態で靴を履くため、足を正面に向けているつもりでも自然と内股になってしまいます。
この状態で歩くと本来足裏全体にバランスよくかかるはずの体重が不近等にかかるため、歩くと足に痛みを感じたり、必要以上にかかとに荷重がかかるので転んだりしやすく、靴底も偏って減ることになります。
この状態で歩き続けると、体全体でバランスを取ることになるため、足の痛みはやがて膝や腰の痛みを伴い、肩こりや頭痛の原因にまでなることがあります。

外反母趾の治療

外反母趾は放っておくとどんどんひどくなることがあります。
軽い外反母趾は靴を変えた上で足の運動や矯正をして直すことができますが、ひどくなると手術が必要になります。
どの程度までが正常で、どの程度が外反母趾になるかは個人差や足の形にもよりますが、1つの目安として正面を向いて両足を撤退と付けた時に足の親指が開きV字型ができます。
この足の親指と親指のV字型の角度によって軽い外反母趾からかなりの外反母趾まで分かれますので、整形外科などの医療機関で相談して早めに矯正やリハビリをして治しましょう。

外反母趾が治るとこんなに快適

外反母趾を放っておくと、足の痛みだけでなく腰痛や頭痛など体の各種の不具合の原因になる事は前にも述べましたが、1番恐ろしいのは老後です。
外反母趾はそのままにしておいて自然に治るものではありません。
そればかりか、加齢で骨が弱くなってきた時にカラダの各部分にかかる重量のバランスが崩れているために、骨の変形や骨折が起こりやすくなります。
また、足が痛いと歩くことが億劫になり、老後に出歩かない生活を送るようになります。老後には人とコミュニケーションを取る方と、家にこもって人とコミュニケーションをとらない方では圧倒的に後者の方が認知症になる確率が高いとも言われています。
また、外反母趾の治療をすると、足が真っすぐ正面を向いた歩き方ができるようになるので、内股やX脚も修正されて歩き方が綺麗になります。
きれいな歩き方は年齢に関わりなく靴や服を引き立てるだけでなく、その人そのものを輝かせて魅力的に見せてくれます。

ピックアップ記事

  1. 履き心地の良い靴はサイズよりワイズで選ぶ
    履き心地の良い靴を探す第一は足に合った靴を見つけることですが、ピッタリ合う靴はめったにありません。こ…
  2. 靴が原因の場合もある外反母趾の対策
    外反母趾は女性に多いのですが、男性もなる場合があります。外反母趾はハイヒールが原因と言われることが多…
  3. 歩き疲れた時の足マッサージ
    沢山歩いて足が疲れた時は勿論のこと、寝ていて足がつる時や足がだるい時などは、お風呂で足をマッサージす…
  4. 靴を履いた時や歩くときに痛い足の巻き爪対策
    靴を履いて歩き始める時や、足の指先に力をかけたときに足の指が痛くなることがあります。足指の関節やマメ…
  5. 扁平足の対策は靴もチェック
    プールなどで水から上がった方の足跡を見ていると足の中央部分に欠けがなく、上から見た足の形と同じ足跡が…
  6. 人に好かれる歩き方
    手を振ってバランスを取り、顎を引いて肩を水平にして歩くと足腰の特定の場所に負担のかかることのない歩き…
  7. 靴の片減り防止は内股・がに股とO脚・X脚の対策から
    女性が内股で小走りに歩いてくると可愛いなどと言われた時代もありましたが、今はスーツスタイルで颯爽と歩…
PAGE TOP